【身体のサイン】目の疲れ

目が疲れやすい、、薄毛と関係ある?

最近ではパソコンを使って長時間仕事をする女性も増え、眼精疲労により血流が悪くなり、薄毛につながるケースが増えています。目の周りの筋肉、首や肩の筋肉の緊張状態が続くことで、血行が悪くなり、リンパの流れも悪くなるからです。
頭皮には全身の様々なツボがありますが、目のツボ周辺が薄くなり、生えにくくなっているという人もいるくらい、目と頭皮は密接に関係しています。

眼精疲労とは?

目の疲れと一言で言っても、「眼疲労」「眼精疲労」に分けられます。
「眼疲労」とは目が痛いな、疲れたなと感じた時に睡眠など休息をとることで治る軽度の疲労です。
それと比べて「眼精疲労」は、不快な症状がずっと続き、仕事や生活環境を変えない限り治らない重度の疲労です。

物がぼやけたりかすんで見える、充血する、涙が出る、まぶしく感じるなどの症状があります。
それに加えて、物が見えにくくなるため前かがみになったり、集中力を高めなければならなくなるなどの理由から、肩こり、頭痛、めまい、吐き気など身体の不調にもつながることがあります。

目の筋肉が頑張る時間が多すぎる

私たちの目は、物を見る時に角膜の後ろにある水晶体(レンズの働きをする)の厚みを厚くしたり薄くすることで焦点を合わせています。

毛様体筋の伸縮

遠くを見る時は毛様体筋が緩み、リラックスして水晶体を薄くしています。
また、近くを見る時は毛様体筋が縮んで緊張し、水晶体を膨らませて厚くしています。
眼精疲労のほとんどは、この毛様体筋の緊張状態が長く続きすぎることによって起こっています。

眼精疲労の主な原因【 ① 目の病気 】

近視、乱視、老眼、斜視、緑内障、白内障、ドライアイ、眼瞼下垂など目の病気により視力が下がったり、視野が狭くなったりすることで、ぐっと目を凝らし集中して物を見ようとすることが多くなります。 そうすることで、毛様体筋の緊張状態が続いてしまいます。

【②身体の病気】

風邪、インフルエンザ、出産後など体力の落ちている時や、自律神経失調症、虫歯や歯周病、更年期障害、耳や鼻の病気なども眼精疲労につながることがあります。

【 ③ パソコン、スマホの見過ぎ 】

画像端末処理 = VDT(Visual Display Terminal)とも言われています。
パソコンなどのディスプレイを長い時間凝視すると瞬きの回数が極端に少なくなってしまいます。
その結果涙が蒸発してしまうためドライアイになりやすく、眼精疲労につながりやすくなります。

このVDTがテレビの閲覧と大きく違うのが、注意力の差です。
パソコンやスマホ画面の隅から隅まで情報をチェックし、脳で必死に理解しようとし、理解した内容をまた文章として入力したり、一言一句間違いが無いか確認をするなど、注意・集中力はテレビを見ている状態と比べ物になりません。

画像端末処理VDT

この状態が数時間でも目はクタクタになります。
朝から深夜まで続く人も多いのですから、目は疲れて当然です。

【 ④ 精神的なストレス 】

強いストレスを感じることが多いと、自律神経のバランスが乱れ、ちょっとしたことで不安になったりイライラしやすくなる、眠れなくなるなどの症状が現れることがあります。
睡眠不足の時と同じように、自律神経の乱れから血行が悪くなり、胃潰瘍などの病気を引き起こすことがあります。 眼精疲労もその病気のうちの一つです。

それでも、仕事でパソコンが必要!

パソコンが目に良く無いことは多くの人が承知でも、生活をするため、また夢を叶えるためなどでパソコンをする時間を短縮できない人は多いと思います。
そんなあなたに、次の記事では明日からできる目を癒すちょこっとアドバイスをお伝えします!

続きを読む