薄毛治療 ウィッグ
頭皮・髪のトラブル サプリメント
シャンプー 育毛剤
ドライヤー ヘアオイル

正しい○○○○が髪を救う!! 髪の毛を傷つけていた原因は?

危険!髪と頭皮の悲鳴サイン

髪の毛が「ゴワつく」・「パサつく」・「切れ毛・枝毛」、、、、正直、これが改善されるだけで髪の毛は美しくなり、見た目も若返ります。くせ毛になったり、髪の毛がボワッと広がるなんてことはないでしょうか?

それは、もう髪の毛が悲鳴を上げている状態です。どんどん髪の毛が弱っていき、抜け毛や薄毛を進行させていきます。お風呂上がり、男性はすぐに乾いてしまいますが、女性はなかなか大変で、タオルで吹くだけでは乾かず、ドライヤーをじっくり当てて乾かしますよね?

濡れたままの髪は最も悪影響なので、その判断は間違いありません。 ただ、その髪を乾かすドライヤーには気を使っていますか?

実は、その毎日髪に関わるドライヤーに恐怖は潜んでいるのです。 毎日一生懸命ドライヤーで完璧に乾かした髪の毛のどこに問題があるのでしょうか?

ドライヤーに潜む危険=高温ダメージ

一般的なドライヤーは、髪を乾かすことに特化しており、100度から120度の熱風が出てくるよう設計されています。そのため速乾性はありますが、髪は表面温度が100度以上になると、髪の毛を形成しているタンパク質が変形してしまうため、高熱による大きなダメージを受けてしまいます。これが、女性の髪を知らず知らず痛めている原因なんです。

また、ドライヤーを長い時間当て続けたり、距離が近すぎると頭皮が火傷状態になり、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。冷静に考えると、ドライヤーを髪の毛ではなく、手のひらや顔に当て続けると熱いですよね?その衝撃を髪の毛と頭皮に毎日与えているということになります。

 

では、お風呂上がりは、どのようにして髪の毛を乾かすのが良いのでしょうか?実は、その疑問に応えるドライヤーが既に開発され、モデルをはじめ女性人気が集中しています。

低温ドライヤーなのに速乾!

一体、どういうことかと言うと、 通常のドライヤーは120度を一か所に集中させる構造ですが、 低温ドライヤーは、60度を均等に広範囲へ熱を届けます。

そして、この60度という温度が重要です!この60度は、トリートメントを浸透させるのに理想の温度なのです。 実は高温だけでなく低温すぎても、ドライヤーは髪に悪影響を及ぼしてしまいます。温度が低すぎると乾くのに時間がかかりすぎるだけでなく、摩擦によるダメージを与えてしまうのです。この60度というのは、髪に優しく速乾を実現させることができるギリギリの最適な温度なのです。

ヘアモデル界のカリスマも愛用!【ヒートケア60 低温ドライヤー】

このドライヤーは元々プロのヘアモデルが撮影現場で使用するもので、市販されておらず、一般の人は手に入れることが出来ませんでした。プロモデルはヘアチェンジをしたり撮影場所が変わる度に2万人の声を元に改良を重ね、誰が使っても髪に優しい60度を実現することができるドライヤーへと生まれ変わりました。髪のパーツモデルも愛用するドライヤーとしてテレビや雑誌でも注目を集めています。

ヒートケア60低温ドライヤー

お客様満足度97%!自信があるから出来る3つの安心保証
・30日間
返金保証
365日品質保証
初期不良新品交換保証

"毎日使うもの"をまず最初に見直しましょう

ドライヤーで何かトラブルを感じている方、抜け毛に悩み今ある髪の毛と頭皮を少しでも労わり健康な髪を取り戻したい方、髪の毛が「ゴワつく」・「パサつく」・「切れ毛・枝毛」で悩んでいる方は、一度ドライヤーを正しいものに見直してみてはいかがでしょうか?

高額サロンに通い続けたり、治療に頼る。まずはその前に、毎日接するケア用品を見直し、自宅で髪にしてあげれるケアを始めてあげることが大切です。