薄毛治療 ウィッグ
頭皮・髪のトラブル サプリメント
シャンプー 育毛剤
ドライヤー ヘアオイル

女性の薄毛治療は保険適用外?!費用相場はどれくらい?

男性の薄毛の治療(AGA治療)は今では専門クリニックで行われることが広く認知されるようになりました。しかしながら、治療はあくまでも保険が適用されない自由診療です。

女性の薄毛専門のクリニックも近年では増え、利用者も年々増加していますが、気になるのはその治療費ですね。漠然と「高額」と思いこんで不安になっている方、治療の一歩を踏み出せずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このページでは、女性の薄毛治療につて保険は適用されるのか、医療ローンは可能か、治療費用の相場についてもお伝えします。

女性の薄毛治療は保険が適用されるの?

男性の薄毛AGAの治療と同じく、女性の薄毛治療も自由診療となり、保険の適用外となります。

保険の適用が可能なのは、あくまでも生命の維持に必要な医療行為、日常生活に支障をきたすケガや病気の治療を目的とした場合。

女性の薄毛治療は、審美的観点から行われる医療行為で、美容整形と同じく自由診療となります。費用負担については、保険診療では通常自己負担は3割です。また高額療養制度により、月当たりの自己負担額が高額になり過ぎないよう、上限が決まっており、上限を超えた分に関しては払い戻しを受けることも可能です。

しかしながら、自由診療では全額自己負担。女性の薄毛の治療は、女性の薄毛治療に特化した専門クリニックでの自由診療にあたるので、たとえ高額になってもその費用は、すべて自分で負担することになります。

保険が適用される症状も。その場合何科を受診すべき?

薄毛、抜け毛の原因が病気にあるときには、保険適用となります。保険適用となるのは以下のような場合です。

1.皮膚科系の疾患が原因であるとき

頭皮のトラブルである脂漏性皮膚炎は、あせも、シャンプーやリンスの流し残しが原因でフケ、かゆみ、脱毛の症状がみられる頭皮疾患です。

水虫の原因となる真菌が病原体の頭部白癬(とうぶはくせん)も、大量のフケや脱毛の症状を伴う頭皮疾患。その他にも、円形、楕円形の脱毛が見られる円形脱毛症も皮膚科での治療が必要な疾患です。 これら明らかな頭皮トラブルが認められる場合は皮膚科での保険診療が可能です。

2.内科的疾患が原因の場合

鉄欠乏性貧血、甲状腺異常、膠原病のひとつである全身性エリテマトーデス、糖尿病などの内科的疾患もまた脱毛を伴う病気です。これらの病気が原因となっている抜け毛、薄毛は、内科での保険診療の対象です。

薄毛治療で医療控除を受けることはできる?

医療控除とは、年間で支払った医療費が一定額以上になった際、おさめた税金の一部が戻ってくる制度です。医療控除で申請できる金額は年間に支払った医療費から10万円をひいた金額になるので、年間で医療費を10万円以上支払った際には、確定申告をすれば、還付金を受け取ることができます。

しかしながら、保険適用外である薄毛治療の場合には、医療費控除の対象にもなりません。自由診療の全額負担は医療控除も対象外になります。

女性の薄毛治療の価格の相場は?

現時点では、クリニックによって、また治療法によってかなりの価格差が認められます。そのため、一概に相場価格を判断することは難しいですが、クリニックによっては、ホームページなどで、それぞれの治療法に別に料金を明確にしているところや、1か月にかかる費用の目安を10,000~32,000円などと明示しているクリニックもあります。

女性の薄毛治療の場合、その治療費の相場把握というよりも、クリニックごとの料金確認をおすすめします。そういった意味でも料金が明確に開示されているクリニックは安心できますね。

薄毛治療で医療ローンは利用できるか?

薄毛治療専門のクリニックによっては、医療ローンが利用可能なところもあります。医療ローンが使えるかどうかは、クリニックのホームページを確認するか、直接問い合わせをして確認しましょう。

ただ、医療ローンの利用となるとかなりの高額治療をした場合になります。月々の治療費が数千円~数万円の場合には、医療ローンを組む必要はありません。 まずは、自分にあった、そして効果の期待できる治療にいくらくらいの費用が必要なのかを明確にすることが大切です。

まずは、自分の症状を正確に把握することから!料金開示のクリニックが安心

「薄毛治療は自由診療かぁ」「やっぱり高そうだな」と感じている方もいらっしゃると思います。この不安を取り除くにはまず、明確な料金開示がされてあるクリニックを選ぶこと。

さらに、本当に大切なのは、費用面の心配の前に、今の自分の薄毛の症状を正確に把握することにあります。

実際、ホームページなどで料金を見ていても、一体どの治療が自分に合うものなのか、見当もつきませんよね。そういった意味で、薄毛治療のクリニックの利用法として、まずは、いきなり治療目的ではなく、現状把握を目的として利用を考えてみるのもひとつの方法です。

自由診療では、患者自身の希望、症状に合わせた最先端の治療を受けることができる可能性があることで、早期完治も期待できます。保険適用の場合と比べ、費用の面では高額にはなりますが、満足のいく治療を受けることができるという点では、医療費にみあった効果が期待できるとも言えるのです。

無料カウンセリング、無料初期診療を利用してみよう!

無料カウンセリングを行っているクリニック、初期診療、血液検査までは無料というクリニックもあります。無料カウンセリング、無料の初期診療を受けてみて、現状を把握したうえで、治療法を改めて考え、予算に合った治療、効果が期待できる治療を選ぶことができます。

現状を把握し、必要な治療が分かれば不必要な高額治療を選ばない選択もあります。最も避けたいのは、専門クリニックでの薄毛治療が高額になりそうだからと不安になり、自己判断をし、ネットなどで内服薬を購入すること。

専門クリニックでは、服薬の際も身体に悪影響がないか、まずは血液検査を導入しているところがほとんどです。自己判断での内服薬の利用は、効果が期待できないばかりではなく、体に合わなかった場合には副作用の危険もあります。

薄毛治療の専門クリニックの無料カウンセリングや無料の初期診療を利用して、まずは正確な現状把握を。必要な費用も明確になり、漠然とした「高額治療」という不安も取り除かれることでしょう。