抜け毛の原因はドライヤーの熱!?知っておきたいドライヤーの新常識

毎日のシャンプーの後に必ず使うドライヤー。そのドライヤーの熱風が抜け毛の原因だとしたら……。
この記事では抜け毛などの頭髪・頭皮トラブルを招くドライヤーの熱について解説するとともに、今注目のドライヤーの新常識についてお伝えします。

ドライヤーの熱が原因の頭髪・頭皮トラブルに

普段お使いのドライヤー。ご自分の頭髪、頭皮にどれくらいの負担をかけているか、ご存じですか?
実は、多くのドライヤーの熱は100℃~120℃。ドライヤーは機種にもよりますが、20㎝ほど離して使用することが望ましいとされています。その際の熱風の温度は約70℃~90℃。髪の毛や頭皮にダメージを与えない温度が70℃以下と言われていますから、離した状態で使ってもドライヤーの熱風は、髪の毛や頭皮にとって高温であることが分かります。

ドライヤー使用中に「熱い!」と感じて思わず、頭からドライヤーを遠ざけた経験はあなたにもあるはず。あの熱を毎日、シャンプーの後にあて続けるのですから、頭髪や頭皮にダメージを与えることは容易に想像できます。ドライヤーの熱によって頭髪・頭皮へのダメージが重なると、以下のようなトラブルが発生し、抜け毛や、髪のパサつき、枝毛などの原因となるのです。

1.ドライヤーの熱は頭皮のバリア機能の低下させる

ドライヤーは、本来髪の毛を乾かすことが目的ですが、その熱風により頭皮もかなり乾燥します。

乾燥し過ぎた頭皮は潤いを失います。保湿力が衰え、水分量の少なくなった肌のバリア機能が衰えるのと同じように、頭皮もまたそのバリア機能を失い、紫外線や外気の乾燥、エアコンなどによる室内の乾燥状態にも影響を受けやすくなります。

2.皮脂の過剰分泌が抜け毛の原因に


バリア機能を失った頭皮は、それを補おうと今度は皮脂の分泌を過剰に行います。過剰に分泌された皮脂は、毛穴をつまらせ、抜け毛の原因、新たな髪の育成にも悪影響を及ぼすことになるのです。

3.ドライヤーの熱で焼ける髪の毛

ドライヤーの高熱は、髪の毛そのものに大きなダメージを与えます。

髪の毛は焼け、切れ毛や枝毛も多くなります。結果、髪の毛は艶を失い、パサつき、まとまりのない髪へ。ドライヤーを使い続けることは、高熱のダメージを重ねることになるのです。

自然乾燥も頭髪・頭皮トラブルの原因に

本来、髪の毛を乾かす目的のドライヤーでかなりのダメージを受けていたことが分かれば、自然乾燥の方がよいのでは?と思ってしまいますが、実はこれは完全にNG。自然乾燥ほど、抜け毛の原因となったり、髪の毛を痛ませる原因になったりするものはありません。

抜け毛を防いで、健康な髪の毛を手に入れたければ決してやってはいけないことのひとつが髪の毛の自然乾燥です。自然乾燥には、次の3つのデメリットがあります。

1.濡れたままの髪の毛が血行不良を引き起こす

濡れた髪の毛を、自然乾燥にまかせていると、水分が蒸発するとともに頭皮の熱も奪われます。
そのことで頭皮は冷え、冷えた頭皮は血行不良に。血行が良くない頭皮には、十分な血流が確保できなくなり栄養も酸素も届きにくい状態に。結果、抜け毛が増え、健康な髪の毛が生えづらい環境になるのです。

2.雑菌の繁殖を促し、ニオイ、かゆみの原因にも

濡れたままの頭皮は雑菌が繁殖しやすい状態にあります。頭皮で繁殖した雑菌は、ニオイの原因やかゆみの原因になることも。せっかくシャンプーをして清潔になった髪の毛も、濡れたままにしておくことで不潔な環境になってしまうのです。

3.  開いたままのキューティクルが髪の痛みの原因に

髪の毛が濡れた状態では、髪の毛を保護する役割のキューティクルは開いたままの状態が続きます。
それにより、キューティクルがはがれやすくなったり、髪の毛の摩擦も大きくなったりするので、切れ毛や枝毛などの髪の毛が痛む原因になるのです。

抜け毛を防ぎ、美しい髪を育てるドライヤーの新常識!

抜け毛や髪の毛のパサつき、切れ毛や枝毛などのダメージを避けるためにも、髪の毛はシャンプーの後になるべく早くしっかりと乾かすのがベストです。しかしながら、従来のドライヤーでは髪の毛に高熱のダメージを与え続けることになります。そこで、今注目されているのが低温ですばやく髪の毛を乾かすこと。

髪の毛にダメージを与えない温度である70℃以下の熱風で髪の毛を素早く乾かすことで、水分を過剰に摂り過ぎず、頭皮の乾燥も防ぎます。低温ですので、髪焼けなど髪の毛自体へのダメージもなく、水分をしっかりと含んだ艶やかでしっとりとした健康的な髪の毛に導きます。
髪の毛を乾かすことが、髪のトラブルの原因だったこれまでのドライヤーの常識を覆す、ドライヤーの新常識!それは、髪をいたわりながら乾かし、ケアもできる低温ドライヤーです。低温で髪の毛を乾かすことで、これまでのような高温によるダメージがないばかりか、毎日、髪の毛を乾かすだけで、髪の毛をケアし、美髪に導くことができるのです。

ふんわり美人イチオシ!低温ドライヤーヒートケア60


今回、ふんわり美人が自信を持っておすすめするのが「ヒートケア60」という低温ドライヤー。毎日のドライヤーの使用で、艶やかな髪の毛を育てることができる、低温ドライヤーヒートケア60の特徴は以下の通りです。

ドライヤーの熱は60

 ヒートケア60は、その名の通り、ドライヤーから出る熱風の温度が60。髪に負担をかけない温度は70℃以下と言われているので、この基準は楽々クリアしています。

では、なぜ、60℃なのか?
実は、60℃という温度は、トリートメントを浸透させるのに最適な温度なのです。

毎日のヘアケアにシャンプー後に、トリートメントをご使用の方も多いと思います。また洗い流さないトリートメントを、ドライヤーの前にきちんと使っているという方もいらっしゃると思います。
その効果、しっかり実感できていますか?
それでも、パサつきが気になる、枝毛がやっぱりできてしまう、そんなお悩みをお持ちでしたら、やはりドライヤーが高温のために、トリートメントがしっかりと浸透していないことが考えられます。

さらに、60℃の秘密は、ヒートケア60の開発にあたり研究を重ね、導き出した髪に優しいギリギリの温度であるということ。

単に低温だけのドライヤーでは、髪はやはり乾きにくく、髪を乾かすのに時間がかかります。髪の濡れた時間が長引くと、髪の摩擦を増やして痛める原因に。髪に負担をかけない70℃以下で、さらに素早く乾かす温度それが60℃なのです。

熱の分散でしっかり速乾!ちゃんと熱い60

 今お使いのドライヤー、しっかり乾かしているつもりなのに、全体を乾かすのに時間がかかる、乾きムラを感じる、そんなお悩みはありませんか?
従来のドライヤーは、ドライヤーの中心部分ほど熱風は高温で、外側にいくにつれ低くなる構造です。

ですから、髪全体をまんべんなく乾かそうとすると、ドライヤーから出る熱風自体に場所によって温度差があるので、どうしてもムラが出てしまいます。そのことにより、全体を乾かすのに時間がかかったり、乾かしムラができたりしてしまうのです。
ヒートケア60は、熱が分散するので、ドライヤーの中心部分、外側の温度差は、わずか3℃。平均して60℃の快適な温度で髪を乾かし続けることができます。そのため、乾きムラもなく、早く乾きます。

そして、実際に使った人の多くが実感する、60℃はちゃんと熱い」という事実。
「低温」という言葉から冷風をイメージしてしまいますが、60℃はしっかり熱く、早く乾く。これを体験すると、これまでのドライヤーの熱がいかに髪の毛や頭皮に熱すぎたのかも実感できるでしょう。

温度ムラの解消が髪焼けを防ぐ

熱を分散し、温度ムラを無くしたことで、早く乾くだけでなく、ドライヤーの最大の難点とも思われる髪焼け、髪やけどを防ぐことができます。

温度のムラがあると、まだ乾いていない部分を乾かそうと、ドライヤーを髪にあて続けると、すでに乾いている部分にも高熱の熱風があたり続けることとなり、このことが結果、髪や頭皮の必要な水分を奪い、パサつき、抜け毛の原因、そして髪焼けの原因になっていました。

ヒートケア60なら、髪焼けを防ぐだけでなく、髪に必要な水分はしっかりと残し、トリートメント成分を浸透させながら乾かすことが可能。そのため、健やかで艶のある髪の毛を育てることが出来るのです。

毎日のドライヤーが美髪のヘアケアに!

これまで、毎日使うドライヤーは高温ダメージを蓄積するものでしかありませんでした。しかし、これからは違います。毎日使うドライヤーで美髪ケアができる時代。
ドライヤーの新常識「低温で素早く乾かす」で艶やかで健康な髪の毛を育てませんか?

使用した人の実に97が、効果を実感。「髪の毛が綺麗になった」「パサつきが改善した」「髪に艶が出た」と答えています。
気になる価格も、今なら1万人限定の10,000円引き14,800

高額なドライヤーに比べはるかにお求めやすく、定額で購入したとしても、この機能でこの価格は他にはありません。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

特別のケアでない、毎日のドライヤーがあなたの髪を美髪へと導きます。使った人から実感している、潤いある艶やかな髪の毛を、次はあなたが体験してみませんか?

関連記事

  1. 季節の変化で抜け毛が増える?!予防と対策で一年中元気な髪に!

  2. スイーツ好きはベタベタ頭皮の原因に?!糖質の摂りすぎは薄毛を招く!その原因と対策とは

  3. ドライヤーの使い方次第で髪のボリューム感が変わる?!根元からふんわりさせる髪の乾かし方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口コミを投稿する
20文字以内
50文字以内
内容