シリコンはほんとに悪者?!ノンシリコンシャンプーで抜け毛薄毛は予防できるのか?

ノンシリコンシャンプーがとてもはやっていますね。「なんとなく髪の毛に良さそう」「有害な物質が入っていないんでしょ」とノンシリコンシャンプーを選んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。
そもそもこれまで、多くのシャンプーに当たり前に配合されていたシリコンって何なのでしょうか?そんなに髪に悪いものなのでしょうか?ノンシリコンに切り替えれば、抜け毛は予防できるの?今回はそんな疑問にお答えします。

そもそもシリコンとは

これまで市販のシャンプーに当たり前に配合されてきたシリコン。ノンシリコンシャンプーが発売されるまでは、その存在に気が付いていない方も多かったのではないでしょうか?ノンシリコンシャンプーが注目されると、途端に悪者のような扱いのシリコンですが、シリコンとは、「合成樹脂」と呼ばれる合成高分子化合物の総称を指します。身近なものでは、キッチン用品などにもシリコンは使われています。

シャンプーに配合されるシリコンの役割

シャンプーに配合されたシリコンは、髪の毛一本一本をコーティングする役割を持っています。そのため、シリコン入りのシャンプーを使用すると指通りが良くなり、髪の毛の摩擦を防ぎます。髪の毛の手触りもさらさらと良くなり、髪の毛がコーティングされているので熱や紫外線から守ってくれ、髪の毛を艶やかに見せる効果もあります。

なぜシリコンは悪者?

このようにシリコンの役割を見てくると髪には良いことばかりのような気がしますね。しかしながらノンシリコンシャンプーの登場で、悪者扱いされているのはなぜでしょうか?
第一に人工物ということが自然ではないとイメージから、あまり良くない印象を持っている人もいると思います。シリコンが頭皮に残ると毛穴をふさぐ原因にもなり、またシリコン自体は、コーティング作用はあるものの、ダメージを補修する効果はないので、傷んだ髪の毛をそのまま、コーティングしてしまいます。また髪の毛がコーティングされることで、パーマがかかりにくい、カラーが入りにくいという欠点もあるのです。

ノンシリコンならすべてを解決?抜け毛や薄毛も予防できるの?

ノンシリコンシャンプーはシリコンのように毛穴をふさぐ心配がありません。洗い上がりがさっぱりとして、毛穴をすっきりと洗い上げてくれることで、頭皮環境を整え、それが結果的に抜け毛や薄毛の予防にもつながることは十分に考えられます。また、パーマもかかりやすくカラーも入りやすくなるでしょう。
しかしながら、ノンシリコンシャンプーは、髪の毛をコーティングするシリコンが配合されていないので、髪の毛のパサつき、指通りの悪さを感じる方もいます。また熱などの外部刺激からも守ってはくれません。トリートメントを合わせて使用したり、シリコンの代わりになるような手触りをよくする成分を配合しているかどうかなど調べてから使用するといいでしょう。

シリコン入りとノンシリコン、結局どちらがいいの?

シリコン入りとノンシリコン、どちらが良いとは、一概に言い切れません。単にシリコンを人工的な悪いものと決めつけたり、ノンシリコンをなんとなく良いものと思い込んだりせずに、それぞれのメリット、デメリットを理解して、自分の髪質や髪の毛の悩みにあったシャンプーを選びましょう。

関連記事

  1. マルラオイルの効果がやばい!髪と頭皮を潤すマルラの秘密とは

  2. 女性が男性用育毛剤を使っても大丈夫?

  3. 朝シャンでハゲる?!頭皮サイクルを乱す朝の習慣の理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口コミを投稿する
20文字以内
50文字以内
内容