塩分の摂りすぎは薄毛の原因に?!髪の成長を妨げる化学物質でできた塩とは

塩分の摂りすぎは髪の成長を妨げる?!

塩分を摂りすぎると体に良くないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。では、塩分の摂りすぎは髪の毛にも関係しているのでしょうか?まずは体に有害な塩の種類から詳しくご紹介していきます。

塩の種類

99%以上化学物質の塩があるって本当?

塩には、大きく分けて3つの種類があります。
●精製された「食塩」
●輸入塩や精製塩ににがりなどを添加した「再生加工塩」
●海水から水分のみを蒸発させた「自然塩・天然塩」
自然塩には、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、ヨウ素などのミネラル分がバランス良く含まれています。 一方で精製された食塩の中身は塩化ナトリウムのみで、99%が純粋な化学物質で出来ています。

食塩の作られ方

食塩は、まず海水を電気分解しナトリウムイオンを取り出して 濃度の高い塩水を作ります。 そこからさらに煮詰め、塩の結晶が出来上がります。 食塩は手触りがサラサラして水に溶けやすく、味も塩辛いのが特徴です。
パッケージで見分ける際には、裏面(成分表示が記載されている面)などに
塩化ナトリウム 99.9%以上
・工程に “イオン膜” という記載がある(例 工程:イオン膜 立釜 乾燥)
 ※工程は原材料の下に記載の場合が多い
日本では1971年から1977年まで塩の自由な製造・輸入・販売が禁止されていて、売られていた殆どの塩がこの精製塩でした。

再生加工塩の作られ方

再生加工塩は、輸入した塩(主にオーストラリアやメキシコ産など)や精製塩を海水で溶解した後に、にがりやミネラルを加えて成分を調整した塩です。メーカーなどによってその製法は異なりますが、「○○の塩」という名前で売られていることも多く、にがりが添加されたものは ”粗製海水塩化マグネシウム” と記載されています。

天然塩の作られ方

天然塩の製法は大きく分けて3種類あります。
●完全天日塩
●平釜塩
●岩塩・湖塩

完全天日塩は太陽と風の力を利用し天日干しで作られます。 平釜塩は始め天日干しをした後に、低温の平釜でじっくりと煮て作られます。 このどちらの製法も昔ながらの方法で、低温で作るとミネラルが壊されないため最もミネラルが豊富な塩と言えます。
また意外なことに、岩塩はミネラル分が失われています。 岩塩はヨーロッパや北米・アジアなどで採取されたものが多く長い年月をかけて化石化した塩なので、その間にミネラルも失われてしまっているのです。 湖塩とは、塩湖から採取される塩で、塩湖にの水ははるか昔陸に閉じ込められた濃度の高い海水です。

食塩の過剰摂取は薄毛に繋がる

99%化学物質の「食塩」を大量に摂取するとどうなるか

99%化学物質(塩化ナトリウム) で出来ている「食塩」を大量に摂取すると、体内でナトリウムがこんな働きをします。

① 交感神経を刺激し、血管を収縮させる

ナトリウムは、血管を収縮させる働きをする交感神経を緊張させます。

② 血管の壁に入り込み、血管を収縮させる。

過剰に摂取したナトリウムは、血管の壁の細胞の中にまで直接入り込んでしまいます。
血管というのは実は筋肉で出来ていて、ナトリウムは筋肉を収縮させる働きもあるため、さらに血管を収縮させてしまいます。
上記の理由によって血行が悪くなり、頭皮に栄養が届かず、毛母細胞が細胞分裂できない状態になってしまいます。また、心臓など体の中心部は血管が太いのに比べて頭皮の血管は手先足先と同様に上に行くほどどんどん細くなっています。 ナトリウムの過剰摂取でもともと細い毛細血管がさらに収縮してしまうことで毛の育成は妨げられてしまいます。

それでもやめられない!塩分大好きな人の薄毛対策

分かっていても塩分大好き!やめられない!という方へ、明日からできるワンポイントアドバイスをお伝えします。

① 料理に使う塩を、食塩から天然塩に変える。

体は”食べるもの”から作られています。ミネラルは骨や細胞を作る材料にもなったり、体の機能を調整する役割をしてくれます。 人間にとって必要なミネラル分が、バランス良く豊富に含まれているものを選びましょう。

② 食品を買う時は必ず成分表示を見る。

食塩や化学添加物が含まれるものではなく、なるべく自然な素材のものを選び体が喜ぶ食べ物を食べてあげましょう。

③ お酒のおつまみは、食塩を含まないものに。

コンビニなどで売られているナッツやスナックは、食塩を多く含んでいる場合があります。 食塩をふくまないナッツ類などに変え、良質な自然塩をパラパラかけて食べてみましょう。

④ サラダにかける調味料を変える。

マヨネーズやドレッシングは、食塩や添加物を多く含んでいる場合があります。野菜を摂取しようと食べているはずが、野菜よりも食塩や添加物を多く摂取している場合も。トマトやきゅうりなどは、良質な自然塩をパラパラとふるだけで素材の美味しさが引き立ちます。ドレッシングの味を楽しむのではなく野菜そのものの味を引き立ててくれる食べ方をしてみましょう。

また、カップ麺・インスタントラーメン・冷凍食品などには、食塩ももちろん合成添加物も多く含まれている場合が多くあります。どうしても大好きなという方も、少しずつ食べる頻度を減らしてみるなど、食べ過ぎに注意しながら体が喜ぶ食事の感覚に舌を慣らしていきましょう。

関連記事

  1. 1日何本までの抜け毛は正常?髪が抜ける原因とは

  2. 目の疲れは抜け毛の原因?!目を癒す方法7つをチェック

  3. 白髪は抜くと増えるって本当?白髪が生える原因と効果的な予防方法とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口コミを投稿する
20文字以内
50文字以内
内容