薄毛の原因は毎日のシャンプー?!抜け毛予防のための正しいシャンプー方法とは

シャンプー方法と抜け毛量は関係する?

実は、薄毛・抜け毛の原因として、シャンプーの使用方法も挙げられます。 シャンプー方法が間違っていると、髪の毛や頭皮にダメージを与えることになります。 まずは、正しくシャンプーを使えているのか見直し、対策していきましょう。

①”髪を濡らす”ではなく”頭皮を洗う”

頭皮の汚れを落とすにはシャンプー前にしっかりとお湯で頭皮を洗うことが重要です。頭皮をしっかりとお湯で洗うことができれば、それだけで頭皮の汚れの7~8割は落とすことができます。

また、整髪料をたっぷり使う習慣がある人は、頭皮の清潔さを保つために2度洗いが必要です。 最初に整髪料や外の汚れを洗い流します。 それから、ゆっくりと頭皮のマッサージをしながら、シャンプーをしっかり泡立てて、泡を毛穴まで落とし込みましょう。
ただし、刺激が強くなりすぎると逆に頭皮を痛めてしまいますので、 2回目のシャンプーの量は、初回の半分以下にし、優しくマッサージしていきましょう。

②ゴシゴシ洗わない

ゴシゴシ力強く洗ってしまっていませんか。 頭を洗う時には、頭皮を傷つけないようにする必要があります。 指先で力強く洗ったり、爪を立てて擦りつけたりしないように洗いましょう。
体の部分でも、特に頭皮は刺激に弱い部分です。

泡で洗い流すイメージで、手のひらでしっかりシャンプーを泡立ててから使いましょう。 泡を頭皮にゆっくり浸透させるほうが、しっかりと汚れを落とすことができます。

③下から上に洗うこと

薄毛治療利用者の方に伺ったところ、共通しているのが髪の毛を洗う順番。 髪の毛の流れとは反対方向に洗っていくことで、隅々までシャンプーの泡が行き渡ります。その為、毛先から根本に向かって洗っていきましょう。

シャンプーを洗い流す際も同様に毛先から根本へと流しましょう。
この洗い方を行っていけば、シャンプーが頭皮に残りにくくなり、シャンプーを洗い流しやすくなります。

④洗髪は1日1回がベスト

朝シャンプーをして、寝る前のお風呂でもシャンプーをするという方も多いようですが、洗わないのも頭皮にもちろん良くないですが、洗いすぎもよくありません。 洗いすぎてしまうと、髪の毛を健康保つ為に必要な皮脂までが失われてしまいます。
正しくシャンプーができるようになれば、一日1回で十分です。

⑤正しいシャンプーを選べているか

きっちりと洗っていても効果がない場合は、シャンプーに原因がある可能性があります。
シャンプー自体は界面活性剤が含まれており、その種類で分類できますが アミノ酸に分類される種類が、頭皮には一番良いです。 もし、洗い方を正しても効果が現れない場合は、アミノ酸のものを使用してみてください。

⑥お風呂あがりの重大なミス

女性でも意外と多いのがお風呂あがりの自然乾燥派自然乾燥は頭皮が乾燥する原因で、角質を傷めてしまうので絶対に避けてください。 まずは、しっかりタオルドライすることが大切です。そうすることで、ドライヤーの時間を短縮することが出来、髪のダメージを軽減することが出来ます。 その際は、擦り付けるようにタオルを使わず、押さえてタオルで水分を吸い取るような拭き方をしましょう。

⑦ドライヤーの思わぬ落とし穴

髪の表面のタンパク質は100度を超えると変形し、うねりやぱさつきの原因にもなるため、一般的な100度程度の熱が出るドライヤーよりも、60度程度の熱で速乾させることが出来る低温ドライヤーが髪と頭皮にオススメです。

仕上げのドライヤーは、熱で頭皮を乾燥させやすいので、15~20cmくらいは離して使ってください。近すぎると頭皮と髪が火傷してしまいます。 使い方としては、常に全体を乾かすように意識しましょう。 同じ箇所に熱が当たらないように注意してください。

関連記事

  1. 育毛サプリメントでトラブル!やっぱり育毛サプリは効果なし?

  2. シリコンはほんとに悪者?!ノンシリコンシャンプーで抜け毛薄毛は予防できるのか?

  3. 抜け毛薄毛を予防するにはドライヤーが必須?! 自然乾燥は髪に悪影響!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口コミを投稿する
20文字以内
50文字以内
内容